11月4日、TBS「はなまるマーケット」でぼくの絵封筒が紹介されました。
白鳥の絵封筒や、美術館の壺を盗むサル、ジャポニカ学習帳風のものなどたくさん取り上げていただき、キジバトの80円切手を使った簡単な絵封筒の描き方も実演しました。また、番組レギュラーの皆さんを描いた絵封筒をお送りしたのですがそれも素敵に紹介していただきました。(ありがとうございます)

放送のことはチラッとツイッターで告知していたので、ご覧いただいた方から感想を頂戴し、恥ずかしくもうれしかったです。放送当日はしめきり前でしたのでお返事できずにすみませんでした。

ぼくの部屋で行われた撮影は10月24日。物撮りが多くて9時間近くかかりましたが、来られた方がすごくいい人たちだったので楽しかったです。一度まちがって女性ディレクターさんに「ニシダちゃん」と呼ばれ「業界人っぽい…」とひそかに感動。カメラマンさんは何度もおなかが鳴っていたのが印象に残っています。

しかしながらはじめての経験で「ああしとけばよかった」と後悔することも多くありました。以下、いくつか述べていきたいと思います。

反省1)声が腹から出ていない

放送を見て自分でがっかりしました。これでも、小(ソフトボール)中(野球)高(サッカー)といちおう体育会系なんだけど…

 

反省2)もっと絵封筒を描きためておけばよかった

絵封筒の宿命というか、描いたあと送ってしまうので手元に残らないんですよね。「切手であそぶ絵封筒」で紹介したものはあるんだけど。これからは保存用にもうひとつ描くか…

 

反省3)時間がなくてはなまるメンバーの似顔絵がいまいちだった

薬丸さんはまあまあ気に入っています

 

反省4)時間がなくてシャツにアイロンをあてれなかった(というよりアイロン持ってない)

これに関しては、先日Amazonでアイロンとアイロン台を購入したのでもう大丈夫です。

 

などなど反省点はたくさんありますが、めったにできない経験ができてよかったです。番組では「絵封筒アート」って紹介されてたけど、ぼくのはアートなんて大層なものじゃないですし、絵封筒は誰にでも楽しめるものです。みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいませ。

そうそう、テレビで自分の名前が呼ばれるとかなりビックリしますよ。目が覚めます。

その他の絵封筒もどうぞ