11月1日 〜3日、東京駅前にあるKITTEで行われた日本郵便主催のイベント『年賀状ワークショップイベント@JPタワー&KITTE』で絵封筒のワークショップをしました。会場のKITTEがオシャレ空間すぎていきなりビビってしまいましたが「ゆめタウンに毛が生えただけ」と自分に言い聞かし、顔には出さないよう努めました。

kitte2

1日目は一般公開はしておらず、南は沖縄、北は北海道と全国から集った日本郵便社員さんたちがワークショップに参加してくださいました。こんなことを言うと失礼ですが、思いのほか皆さん絵が上手でびっくり。終わりには軽い懇談会もあり、日本郵便取締役社長のご挨拶をじっと聞いてるぽすくまが印象的でした。
kitte7

posukuma

ありがたいことに2日目、3日目もすべて予約で満席となり休憩もとれないほど忙しかったです。うれしいプレゼントもたくさんいただきました。東京の人はみんなやさしい。

今回は事前申込みの対応を僕がやることになり、これがなかなか大変だったのですがトラブルもなくよかったです。トラブルといえば、カメラのメモリーカードを入れ忘れて3日の1回目に参加した人たちの絵封筒も何もかもが撮れてなかったこと、改札を出ようとしたら切符じゃなく入場券を買っていたため出られなかったこと、最終日に楽しみにしていた自転車ショップに行ったら定休日だったことなどがありました。

kitte1

このイベントで、手紙や切手の良さや楽しさを広めたいという郵便愛に満ちあふれた日本郵便の方にたくさんお会いしました。郵便の仕事ってただ物を運ぶだけじゃないんですよね。ぼくのお気に入りの「野菜と果物シリーズ」の切手などを手がけた切手デザイナーの玉木さんと夜ごはんをご一緒できたのも貴重な体験です。おもしろい話をいろいろ聞かせてもらいました。日本の切手はたった7人(だったと思う)の日本郵便職員の切手デザイナーさんが作ってるって知ってましたか?

「絵封筒って郵便局にしてみたら迷惑なんじゃないの?」と思っているかたにも、これで少しは「そんなことないんですよ」と言いやすくなった気がします。本当に迷惑だったらイベントに呼ばれてないですからね……。

みなさんの絵封筒(86枚)はこちらにUPしました。ぜひご覧くださいませ。

flickr|2014.11 KITTE

minna